相場チェックはとても大事!

uyfukyf
不動産の売却を検討する際に、まず必要になるのが不動産価格の査定です。
査定にあたっては、不動産業者に依頼をすることになりますが、そこでも様々なコツがあります。
そういったコツを理解しておくことが、自分が不動産を希望の価格以上で売却するためのきっかけになるかもしれません。

査定をする業者の選定

査定を依頼できるのは、大手の不動産業者か、地元の地域密着型の不動産業者か、もしくはインターネットの査定サイトという方法もあります。
一つのところで査定をしたからといって、そこで必ず契約をしなければならないというわけではありません。
逆に、一つのところだけで査定をしてしまうと、そこだけの金額で判断をしなければならなくなるので、果たして相場として適正であるのかがわからなくなってしまいます。
まず、自分が売却を検討している不動産の相場というものがどのくらいのレベルなのか、そこから判断をするのが一番です。

最初は査定サイトから

インターネットの査定サイトであれば、必要な情報を入力して簡易査定を行ってもらうことができます。
簡易査定の場合、入力された情報から、机上で査定価格を算出することになるので、似たような取引事例がどのような相場で取引されているのかを知るための指標になります。
まずは、実際の不動産の状態に関わらず、その土地や物件の条件によってどのくらいの相場が算出されるのか、ということを知っておくといいかもしれません。
それが、他の場所で査定をしたときの金額と比較をするための指標になりますし、その価格が適正であるのかどうかを知るためのヒントになります。

最終的な金額

その物件を売却する最終的な金額は、売り手と買い手の間で決定されることになります。
なので、もちろん査定の金額よりも高く売却できるということもあれば、その逆に安く売却するということになる場合もあります。
ここでも複数の不動産業者で不動産査定をしておけば、それぞれの不動産業者がどのくらいの金額で売却できると考えているか、という判断の指標になります。

査定は業者との信頼

大事な不動産の売却ですから、あまり信頼できない業者に自分の不動産を任せるということはできないと思います。
査定をすることや、その中での契約交渉を通して、相手の業者が信頼に足るのかどうかを判断する必要があるでしょう。
どれだけ査定の金額が高かったとしても、信頼を置くことができないような業者に不動産を任せることはできません。
それによって、本来期待していた査定額よりもはるかに安い金額で買いたたかれてしまうという結果も待っているかもしれませんし、注意が必要です。

時期などの付属条件

不動産の売却には、単純にその不動産の条件だけで金額が決まるわけでもありません。
例えば、春先で新しい環境に移っていく人が、新しい物件を求めるという動きが活発になる繁忙期は、不動産も高値が付きやすくなります。
逆にそういった動きのない閑散期には、いつまでも自分の不動産が売れ残ってしまうということもあるかもしれません。
繁忙期などの狙い目の時期に動き出すことで、本来の査定額よりも高く売却できる可能性も十分にあります。
物件の条件そのものも大切ですが、それをどのようにして売り出すかということも、また売却価格の相場に大きくかかわってくることなのです。
二つとない不動産の売却ですから、後悔の残る契約にならないためにも、ポイントを押さえておきましょう。

what's new

2016/10/21
相場チェックはとても大事!の記述変更
2016/10/21
サイトマップを新規追加
2016/04/29
相場を知るために必要なものを新規追加
2016/04/28
相場より高く売れる場合を新規追加
2016/04/27
売却相場の調べ方を新規追加
2016/04/26
売るべき時期を判断するを新規追加
2016/04/25
企業案内を新規追加
2016/04/25
仲介手数料の交渉を新規追加

検索フォーム

アーカイブ